self_analytics

言語化と思考 人と会話することの重要性

  • 2020年3月4日
  • 2020年3月4日
  • 雑記

今日は海外事業を展開をしている個人事業主の友人と会ってきたよ

僕と同じ派遣薬剤師+個人事業主の半フリーランスで

日本と海外を行き来しながら派遣薬剤師として働いているすごい人

 

さらにその友人で3人のお子さんを持つシングルマザー個人事業主の方

僕も母親がシングルマザーだった時期があるから大変さもわかる

そんな中自分で事業をおこすことがどれだけ大変なことか

しかもコミュニケーション能力がめちゃくちゃ高くって

会話のリードをひたすらお任せしている状態でした

 

・・・二人の爪の垢を煎じて飲まないとだな(笑)

 

そんなすごいお二人と

普段はずっとパソコンと向き合って引きこもりの僕の3人でランチ会

場違い感がすごい・・・

 

いま、記事を書きながら

「平日の昼間からお友達とランチとかママ友会か!!」

って思わず半笑いになってるけど

やっとこうゆう時間を自由に作れるフェイズまで来たんだな、と少し感動

 

ランチしながら個人事業主仲間と話すことで色々な気づきがあった

自分の考えや行動を包み隠さず話す大切さについてまとめておくよ

 

人は思っているほど自分のことを理解していない

「いのさんがそのように考えるようになったきっかけは?」

「いのさんはどこでそのような知識を身につけたの?」

 

今日知り合った個人事業主の方は

口癖のように何度もこの質問を僕に投げかけてきた

 

この質問が来るたびに僕はどのように物事を考えて、

どんな人から影響を受けていたのかを考えた

 

自分のことは自分自身が一番よく理解していると思いがちだけど

案外こうやって人に話すように明確に言葉にしないと

自分のことですらわかっていないこともい多いんだよね

「僕はやっぱり生粋のマーケターなんだなぁ」とか

「僕が最終的に目指す肩書はトレーダーなんだなぁ」とか考えてた

優れたメンターにコーチングを受けてる気分だったよ(笑)

 

僕も以前は自分とは違う考え方をする人に対して

純粋な興味関心から同様の質問を投げかけてた

相手の考え方を理解したいし共感したいからね

 

でもこの世代になってくると

「人の本心にずけずけ踏み込んでくるな、

日本人なんだからもっとタテマエで話したら?」

と言われることが増えた

 

僕はそもそも

タテマエで会話する意味って何?

わざわざ時間を作ってまで人と会って何の意味もない

表面的な会話だけしてても時間の無駄だよね??

って考えてしまう

 

もちろん最初は緊張をほぐすための当たり障りない会話

”アイスブレイク”は大事だと思う

でもそんな当たり障りない会話だけなら

時間の無駄だし会う必要ないよね

 

だから最近は人と会うこと自体時間の無駄だな

って思って億劫になってしまっていたけど

久々に楽しいランチ会だった

僕はこの手の深い会話ができる人が好きだよ

 

うわべだけの世間話をするような付き合いは時間の無駄だけど

自分の考えややりたいこと、思っていることを

全てさらけ出せるような仲間を作っていきたいね

 

優秀な人間ほど相手を理解しようと本質に踏み込んでくる

起業家とか個人でも仕事の依頼が来るくらい企業で活躍している人って

さっきみたいにその人の本質を掴もうとする質問をする人が多い印象

 

趣味とか職業とかの表面的な内容じゃなくて

思考や価値観に触れてくる

 

そして質問した人自身はその質問を自分自身にされたときに明確な答えを持っている

 

逆に本心にずけずけ踏み込んでくるなって人は

自分の思考・価値観が明確に言語化できていないから

質問されて答えが出せないで思考している状態に

強いストレスを感じてるんじゃないかな

 

就活の自己分析とかで感じたことがある人も多いと思うけど

自分がどんな人間なのかを本気で言語化する作業って

すごく脳にストレスがかかって疲れる

 

そのストレスに対する条件反射の反応なのかもしれないね

 

思考は現実化する

世界で1億部売れている伝説的な名著

ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」という本で

人間は自分の考えたような人間になる”といっている


 

「私は朝が苦手で・・・」

「僕、コミュ障だから・・・」

 

良くも悪くも言葉の持つ力は絶大で自分はどんな人間かを潜在意識に刷り込まれる

心理学やNLPの分野でアファメーションという言葉による自己暗示をかけるテクニックがあるくらい

それくらいに自分の思考を言語化する作業は大事

 

「我思う、故に我あり」というデカルトの言葉にも通じるけど

自分は何者かを考える時間は必ず作るようにしよう

この時間が将来の自分の行動を決める

 

僕の場合は学生時代に就職を考え始めたころ、

めちゃくちゃこの作業をした

正直学生時代には

派遣薬剤師という働き方をするとは思っていなかった

というか派遣薬剤師という働き方を知らなかったけど

大枠でここまでほぼ僕がイメージした通りの人生設計を歩んでいる

 

20代はとにかく多くの経験をして、学び

30代でその学びを形にして

40代でその形をより洗練・昇華させて・・・

こんな感じで80歳で死ぬことを前提に人生設計をしてる(笑)

あえて抽象的に表現してるけど実際はもう少し具体的だからね?

 

逆にここまで言語化できていなかったら

世間一般な道、常識的な道を外れているし

「いやいや、そんな人生馬鹿げてるでしょ」

って思うだろうし不安ばかりで突き進み続ける勇気はない

 

イメージできているから、言語化できているから自信をもって歩むことができる

思考の具体化・言語化は大事

まとめ

・自分の思考・目標・行動を言語化して理解させてくれる仲間は貴重

・人と深く話をすることで自分自身を知る機会になる

・いのは引きこもってばかりいないで人と会話するべき