薬剤師辞めました

31歳薬剤師、働くことをやめました

どうもいのです

ついに薬剤師をやめることにしました!!

 

うん、タイトルはちょっと煽りました、ごめんなさい

ツイッターでは先に告知したけど

厳密にはフルタイム薬剤師として働くことを2月でやめました!!

理由は僕が推奨している事業収入を伸ばして給与収入を最低限に、を実践するため

関連記事

このテーマについてタイトルにすごく悩んだんだけどどうしても胡散臭くなるね(笑)こんなタイトルだけどちゃんとFPの知識に基づいた正当な方法です 楽して稼げるビジネス!!とかの話じゃなくてそれ以前にどんな労働形[…]

freelancer

 

今回僕は派遣先の方々の理解も得て

満を持して派遣薬剤師+副業個人事業主から

派遣薬剤師+兼業個人事業主へと移行する

 

分かりやすく言うと薬剤師と個人事業主の比率を

7:3から5:5にするイメージだ

最終的には3:7で個人事業中心にしたいと考えている

 

そりゃもちろん収入が減るし不安なこともたくさんあるよ

でも、長期的にみると時間的にも金銭的にも

この方がプラスになる見込みが高い

 

それに「失敗しても最悪薬剤師」

 

薬剤師の資格って最強の保険だと思うんだ

兼業で働いていれば仕事のブランクもあかないし

そう考えたら一歩を踏み出すのって割と簡単な気がしない?

 

今回は派遣薬剤師をやめるわけではなくて働く日数を減らすだけの小さな変化

たったそれだけの小さな変化なんだけど

僕が思い描く人生をしっかりと歩んでいる証になる大きなターニングポイント

そもそも僕は事業がどんなに忙しくなっても週2.5日は薬剤師を続けるつもりだし

 

そんなわけで過去を振り返りながら普段とテイストを変えてキザな文章にするよ

・・・あとで読み返して絶対恥ずかしくなるんだろうなぁ(笑)

 

副業薬剤師になるまでのいきさつ

新卒1年目から毎月15万円の学費を返済していた僕

いくら働いても貯金ができない

1年目の冬に右腕を骨折してしまったときは本当に怖かった

貯金がないのに15万円の学費の返済、入院や手術の費用が掛かる

仕事ができないと学費の返済ができずに即破産の状態

 

幸いシフト作成や予算作成などのパソコンを使うマネジメント業務の仕事を担当していたので

片腕が使えなくて効率は落ちるけど仕事はさせてもらえた

 

病院からは全身麻酔で手術、術後は数日間入院するように言われたが

働かないと学費が返済できず破産する

先生にお願いして局所麻酔で手術をして翌日には退院して仕事をした

 

学費を返済するために

病気をすることもケガをすることも許されず

何十年も働き続けなくてはならない状態

 

「僕はなんのために生きているんだろう、

学費を返済するために生きるの?」

 

この考えが頭を巡った瞬間、生きる意欲をなくした

正直僕はあまり生きることに意欲はない

死んだらまぁしょうがないか、くらいの感覚

 

でもこの感覚で動ける人ってすごく強いと僕は思う

 

どうせこのまま無気力に死ぬなら

リスク取ってワンチャン狙って

ダメなら死んでからでも遅くないじゃん?

 

このくらいの覚悟で動けると

割とどんなことでも挑戦できる

今死んでも後悔しないように今日までを行動しようとできる

他の人がすくみ足になって動けないところでも飛びこめる

 

僕の人生の一番勇気が必要だった行動は

正社員として2年働いて、3年目に入るタイミングで派遣薬剤師の道を選んだこと

 

今よりも派遣薬剤師はかなりマイナーな存在で

僕みたいにネット上で情報を発信している薬剤師も皆無

調べても胡散臭いくらいに高額な時給の求人広告

 

僕が派遣薬剤師になったころは一番薬剤師不足のピークだったから

派遣薬剤師で時給6000円の案件とかがあった

「時給6000円って月収100万だよ!?なにか裏があるでしょ?」

って新人薬剤師の僕からしたら目を疑うほど条件が良かった

 

すごく不安だったけど

「どうせこのままの学費の為に働き続けて死ぬなら怪しい案件でも飛び込んでから死のう」

そんな思いで派遣薬剤師になった

 

その結果は派遣薬剤師に転職してからは残業がなくなった、

ドラッグストア時代よりかなり規則的な生活も送れるようになった

 

年収500万円だったドラッグストア時代から

翌年には一気に年収800万円(家賃光熱費も入れたら実質年収900万円クラス)

実に1.5倍以上も年収が上がった

 

普通に”薬剤師”として仕事をする日常、

ドラッグストア薬剤師のときよりよっぽどホワイトな働き方なのに(笑)

 

学費の返済をしつつ貯金をする余裕もできたし

プライベートの時間にもかなり余裕ができた

 

英会話の授業を受けたり、

プログラミングの勉強をしたり、

FPの資格を取ったり、

今のキャリアにつながる自己投資の時間をたくさん作ることができた

人生設計を一気に変えることができたよ

 

今となっては派遣薬剤師って収入いいし

サイトでわざわざ情報発信するメリットがないから

情報がなかったんだなぁって思った

だから僕は当時情報がなくて困った

派遣薬剤師とはどんな働き方かを発信するサイトを作ったりもした(今は閉鎖しちゃったけど)

 

当時ドメインの取得やワードプレスのインストールなどのノウハウを身に着けたおかげで

今もいくつかのサイト運営ができている

 

20はとにかく学び

30は学びを育て

40で財を成して

50で引退の選択肢を持つ

 

僕の大まかな人生設計なんだけど

20代はとにかくたくさん本を読んだ

色々な人に会って様々な経験も積んだ

 

そして30歳の誕生日の日に学びを育てる段階に移るため

個人事業主として開業した

兼業薬剤師になるまでのいきさつ

30歳になってからの僕は

個人事業主(フリーランス)として活動の幅を広げるために

時給の良い地方部の派遣から都市部の派遣薬剤師に転向した

実質年収は300万円くらい下がったよ

色々な事業の立ち上げを考えている人やすでに立ち上げをしている人と会ったり

このブログを立ち上げてみたり、YouTubeを始めてみたり…

今も試行錯誤を繰り返しながら事業展開してる

 

こんな行動ができるようになったのも

ガクブルしながら早々に派遣薬剤師に転向した過去の自分のおかげ

そうじゃなかったら今も学費の返済に追われてた

本当に当時の自分に感謝

 

そんな風に派遣薬剤師として働き始めて早5年、

派遣薬剤師6年目突入に合わせてフルタイム薬剤師をやめる

 

兼業薬剤師としてのこれから

30代は気ままな兼業個人事業主として、

コンテンツクリエイターとして

動画やブログ記事などを作っていきたい

 

情報を継続して発信することで

僕の生き方が理想に近いと言ってくれる人が増えている

こんなに周りから共感されるとは思っていなかったから正直驚きだよ

 

誰かの理想像であるために生きていくつもりはないから

今後も僕がやりたいように生きていくけど

その生き方に共感してくれたら嬉しい

 

色々な人から相談を受ける立場になって、

こんなサービスを立ち上げたら

喜んでもらえるだろうなってビジョンも沢山ある

 

表向きに情報発信する気はないけど

トレーダーとしてももっと上の世界を見てみたい

まだまだ知識欲も向上心も衰えてない

記憶力が落ちているのはひしひしと感じるけど(笑)

 

ほんとうにやりたいことが沢山

こんなマルチキャリアワーカーいのを今後もよろしくお願いします

 

僕のYouTubeチャンネルで今後は僕のライフスタイルなども発信していきたいと考えています

ぜひチャンネル登録をお願いします、すごく励みになります!!