稼げるオススメ副業

在宅で稼げるオススメの副業3選

副業を始めたい!!

在宅で副業を始めるにはどんなスキルを身につけたらいいの?

これから副業を始めようと思うけどどうやって仕事を見つけたらいいのか分からない!!

そんな悩みを抱えていませんか?

 

誤った考え・スキルで副業を始めてしまうと

いくら仕事をしても全然時給が上がらない!!

せっかく時間とお金をかけてスキルを身に着けたのに全然仕事がない!!

ということになりかねません

 

副業に向いたスキルってどんなもの?

スキルを身に着けた後はどうやって収入をあげていくの?

 

これらを意識してスキルを身に着けることで

時間とお金を無駄にすることなく副業に有利なスキルを身に着けられます

 

副業を始めるのに重視するべき3つのこと

副業を始めるのに重要なのは

・スキマ時間で作業がしやすいこと

・仕事の依頼が多くて見つけやすいこと

・スキルを低コスト・短時間で習得しやすいこと

この3点が大切です

 

スキマ時間で作業がしやすい

副業として仕事を始めるのであれば

少しのスキマ時間でも有効活用できるような仕事が相性がいいです

 

極端な例ですが

「副業でマグロ漁の仕事をしよう!!

でも1度船に乗ったら3ヶ月は海の上で連絡も取れない」

 

これでは本業と掛け持ちしながらの副業を行うのは難しいですよね?

 

副業にするなら在宅でもできるような

細切れのスキマ時間を利用して少しずつ作業が進められるスキル

を身に着けるのがお勧めです

 

案件数が多い

いくらスキルを身に着けたとしてそのスキルを使った仕事がなければ金は稼げません

例えばギネス記録には様々な常人離れしたスキルや物が登録されていますが

正直そのほとんどはお金を稼ぐことは難しいものばかりです

NAVERまとめ サービス終了のお知らせ…

 

世の中には日本仏教検定のような趣味嗜好の資格があるように

スキルにも稼げるスキル・稼げないスキルがあります

 

一生懸命勉強してスキルを身に着けたのに全然お金が稼げないのでは悲しすぎます

しっかりと稼ぐことにつながるスキルを見極めて習得することが大切です

 

スキルが低コスト・短時間で習得できる

副業に必要なスキルを習得するなら

短時間で稼げるレベルまでのスキルを身につけられることが重要です

 

スキル習得に必要な時間がかかりすぎると

モチベーションが保てず稼げるようになる前に挫折してしまいます

 

また稼ぎ始めるまでに必要なコストがかかりすぎると

その投資分を回収するまでにより多くの時間が必要になります

 

稼ぎ始めるまでに必要な時間・お金は

なるべく少ない方がよいのはお分かりかと思います

 

スキルゼロでもOK!!系はおススメしない

しかし「スキル不要!!スマホで簡単!!」などの怪しい副業はお勧めしません

その手の案件は広告をクリックすると1円など時給効率が非常に悪いものだったり

初期費用としてお金を取られた挙句、全く稼げなかったりと

“稼ぐ”という目的には向かないものばかりだからです

むしろお金を支払って損するだけという詐欺案件のパターンも多いです

 

同様にクラウドソーシングサイトでもスキル0でもお金が稼げる

アンケート回答するだけの案件があります

この手の案件は誰でもできる為すぐに定員になってしまう人気の作業です

 

先ほどのスマホで簡単!!などよりは個人情報を抜かれる心配もなく安心ですが

早い者勝ちのスピード勝負の為そのような案件が出ないか常に見張る必要があったり

回答にも5分程度の時間がかかるのに50円など時給換算するととても効率が悪いです

 

1日に出てくるアンケート案件自体もそれほど多くないため

どんなに頑張ってもせいぜいその日のランチ代程度を稼ぐのが限界です

 

そんな割の合わない仕事に必死に取り組むくらいなら

他の稼げるスキルを身に着けるために貴重な時間を使いましょう

 

 

基本的にはスキル習得に必要な時間やコストがかかるほど

そのスキルを習得している人が少ないため

貴重な人材として、高い時給や単価になる傾向があります

医師や弁護士のお給料が非常に高額なのはその為です

 

ではなぜ安く・短時間でスキルを習得したのに高時給な仕事があるのか?

それは先ほどの副業を始めるのに重視したい3つの項目の1つ

”案件数が多い”ことが影響します

 

低コスト・短時間で身に着けられるので

多くの人がその仕事をしているにも関わらず

それ以上にその仕事をしてほしい人が多くて

人が足りていないとこのような現象が起こります

 

ギネス記録や仏教検定が時間やコストがかかるのに稼げない理由も

この需要と供給のバランスで説明が付きます

 

どんなに希少なスキルでも

そのスキルでできる仕事に多くの需要がなければ価値はつかないんです

 

これらの理由から本業でよっぽど需要があるスキルを身に着けていない限り

今の自分にどんな仕事ができるかで副業を考えるのはおススメしません

 

短時間で身につけられて稼げるスキルは存在します

副業を始めるにあたって

その仕事にどの程度の需要があるのか

どのくらいでそのスキルが身に着けられるかを最優先に考えましょう

 

在宅で取り組めるおススメの副業3選

動画編集

スキル習得までの時間・難易度 5.0
スキル習得までの金銭的コストの安さ 3.0
仕事の見つかりやすさ 5.0
キャリアアップ・将来性 4.0
総合 4.5

 

動画編集の仕事は一言で言い表すと

仕事は湯水のように湧いていて稼ぐことには困らない、でも単価を上げるのは大変

です

 

動画編集の副業の良いところ

・非常に案件数が多い

・仕事がもらえるレベルになるまでの技術習得に必要な時間が少ない

動画編集を副業にするメリットはスキルが短時間で簡単に習得できて

仕事に困らないくらいに動画編集の仕事を依頼する人が絶えないことです

動画編集を副業の悪いところ

・スペックの高いパソコンが必要

・Adobeソフトが必須

・スキルの差別化が難しい

動画編集を副業にするデメリットは初期投資として

ハイスペックなパソコンを用意したり

Premiere Proという動画編集ソフトが扱える環境を整える必要があること

 

また、YouTubeの動画編集は簡単に身につくスキルの分

他の人との差別化、単価アップが難しい点があります

 

より詳しい内容は

“動画編集は副業で稼げる?フリーランスには向いてる?”という記事で解説しています

もし動画編集の副業に興味があれば読んでみてください

関連記事

最近急激に人気が出てきている動画編集の仕事ここ最近よくおススメの副業で紹介されますが実際はどうなのでしょうか? 動画編集の仕事とはどんな仕事なのか?どんな働き方をしたい人に向いているのか?他[…]

動画編集・副業・フリーランス

 

 

プログラマー

スキル習得までの時間・難易度 3.5
スキル習得までの金銭的コストの安さ 4.0
仕事の見つかりやすさ 5.0
キャリアアップ・将来性 5.0
総合 4.5

プログラミングの仕事を一言で言い表すと

しっかりとスキルを習得すれば仕事に困らず着実に収入アップが見込める副業

です

 

今も昔も絶えず需要があるのがプログラミングスキル

WEBサイトの制作やスマホアプリの開発、人工知能の研究など

幅広い分野で必要とされるスキルです

 

動画編集は一般消費者の目線に触れやすいBtoC(企業→個人)の仕事なので

仕事がたくさんあるのが分かりやすいです

 

プログラマーの仕事は私たちの目線からは分かりにくいですが

先ほどのBtoCの仕事以外にも

私たちの目に直接触れないBtoB(企業間での仕事)の仕事が多く

これらの仕事はとんでもない金額のお金が動きます

 

動画編集と比べると初めのスキル習得~案件獲得までに

必要な時間が多いけれど、

その分その後の収入アップの伸びしろが大きいのがプログラマーです

 

プログラミングを副業にするメリット

・実績を積むことで年収アップが可能

・動画編集に比べると低スペックのPCでも仕事ができる

・プログラマー向けのフリーランスサイトも豊富

・仕事をする場所を選ばない

実績を積むことで年収アップが可能

先ほどの動画編集と違い、実績を積むことでステップアップするように収入を上げることが可能です

プログラマーのフリーランス案件では月収80万円や月収100万円というような仕事もあります

 

動画編集に比べると低スペックのPCでも仕事ができる

また、プログラミング自体は動画編集に比べるとパソコンにかかる負荷も少ないので

動画編集ほどハイスペックなパソコンは必要ありません

 

プログラマー向けのフリーランスサイトも豊富

プログラマーの案件は私たち消費者目線からは分かりにくいだけで

水面下では動画編集以上に人手不足で求められています

 

クラウドソーシングサイトで仕事を受ける方法以外にも

プログラマー・エンジニア専門の

転職サイトやフリーランスエージェントが多数存在しています

 

仕事をする場所を選ばない

動画編集と比べて作業中に必要な情報量が少ないので

デュアルディスプレイや大きなモニターは必ずしも必要ありません

 

その為、ノートパソコン一つあれば働く場所を選ばずに

作業できてしまうのがプログラマーの強みです

 

ただ、はじめのうちは分からないコードを調べながら打ち込むことが多いので

デュアルディスプレイや大きなモニターを使用すると作業効率が上がります

 

プログラミングを副業にするデメリット

人間とパソコンの情報処理メカニズムの違いを知る必要がある

・仕事として通用するレベルのスキル習得に時間がかかる

・自分が思い描くキャリアによって学ぶ言語が変わる

人間とパソコンの情報処理メカニズムの違いを知る必要がある

私たち日本人が英語を理解するには英単語を暗記して

英文法を学び、頭の中で日本語に翻訳するのと同様で

コンピューターの言語も指示を出すコマンドを覚えて

記述方法を学び、コンピューターの言語に翻訳する必要があります

 

また、コンピューターは正確に作業を行うがゆえに

人間のようにニュアンスを理解して作業するのが苦手です

 

例えば人間であれば10個のリンゴを3人で分ける時と

10gの塩を3回に分けて等分に加えるという場合

 

どちらも割り算の計算ですが

前者は3個ずつに分けてあまりが1個、

後者は1回に3.3gずつに分けて加える

という風に人間の場合は状況に応じて無意識に使い分けています

 

しかしコンピューターは整数で割り切って余りを出す割り算なのか

小数点以下まで計算する割り算をするのかを

人間が判断し、指示しなくてはいけません

 

このように人間が自然と処理している内容が

コンピューターに指示を出す場合には1つ1つ分解して

複雑な指示になる場合があります

 

仕事として通用するレベルのスキル習得に時間がかかる

未経験から副業を目指す場合

先ほどのように機械と人間の情報処理の方法を理解したり

人間の思考をコンピューターが理解できる言語に書き換えるコードだったりを

覚えて使いこなすまでに時間がかかります

 

あくまでも先ほどの”動画編集と比べて”の話なので

それでも稼げる見込み額に対する時間効率で言えばかなり良い方でしょう

おおよそ2~3ヶ月くらいしっかり学習に打ち込めば

WEB言語系なら仕事がもらえるレベルは習得できると思います

自分が思い描くキャリアによって学ぶべきプログラミング言語が変わる

副業で稼ぎたいのであればまずはHTML・CSSがオススメ

WEBサイトを作るのに必要な言語で、

クラウドソーシングサイトでも頻繁に案件が出てきます

狭義ではこれらの言語はプログラミング言語ではないので

これらのコードを書く人はWEBクリエイターやコーダーと呼ばれます

 

エンジニアと言われるアプリ開発などの分野に進むのであれば

C言語が主流です

 

 

ちなみに僕は人工知能や機械学習の分野に強いPythonという言語を学習しています

以前はdiscordでbotを作成したり

WEB上からデータを引っ張ってくるスクレイピングという作業を行わせたり

画像認識ツールを作成したりして遊んでいました

 

今でこそPythonは現場で使われる言語ランキング2位の人気言語ですが

それでもPythonを使った在宅ワークの仕事はあまり見かけません

 

人工知能や機械学習はプログラムを作った後

データをそのプログラムに処理させ学習させます

この学習にかかる時間がパソコンのスペックに依存します

 

家庭用のパソコンでは1週間フル稼働が必要だけど

専用パソコンなら数時間で終了するということもザラです

 

おそらくこれが人工知能や機械学習の分野で使われるPythonの案件が

在宅ワーク・リモートワークで出てこない要因だと思われます

つまり未経験から在宅ワークを希望する場合は習得する言語も重要です

 

仕事が手軽に拾いやすいのはHTMLやCSSなどのWEB言語ですが

フリーランスで月収80~100万円といった案件は無理でしょう

逆にC言語などはなかなか独学での習得は難しく

実績や経験なしでは仕事が拾いにくいですが

しっかりと経験年数と実績を積むことでフリーランスで自由に働きながら

先ほどのようなエリート級の月収を目指すことも可能です

 

プログラミングの仕事は巷にあふれており、

求人サイトを経由したり

フリーランスエージェントを利用したりと様々な方法がありますが

実績がないとなかなかアピールポイントも作れず苦労します

 

実績がない状態でアピールする方法として一般的なのは

ポートフォリオという自分が過去に作った成果物を見せて評価してもらう方法です

 

他にもクラウドソーシングサイトを利用して実績を作るという方法もあります

安く仕事をお願いしたいという人が多いので

依頼に沿ったプログラムを作る練習をしながらお金を稼いで

なおかつ実績も作れるというなんとも理にかなった方法です

 

動画編集やプログラミングの案件であれば

クラウドワークス・ランサーズという

クラウドソーシングサイトの大手2社でほぼカバーできるので

まずはこちらに登録しておくことをオススメします

ただ、プログラマーの場合は実績が積めれば
時給アップも十分に見込める職種です

クラウドワークスやランサーズではクライアントの希望額に対する落札形式で

時給アップが難しいのである程度実績が作れたら

プログラマー向けのサイトでキャリアアップを狙っていきましょう

ランサーズエージェント

 

ブログ・WEBライティング

スキル習得までの時間・難易度 3.5
スキル習得までの金銭的コストの安さ 5.0
仕事の見つかりやすさ 3.0
キャリアアップ・将来性 3.0
総合 4.0

まずは自分でメディアを作るブログがオススメ

始めようと思えばアメブロなどの無料ブログでコスト0からでも始められます

 

ブロガーのメイン収入は広告収入です

代表的なのはアフィリエイトとアドセンスという2種類の広告

 

アフィリエイトは自分のブログに商品のリンクを張り

そこから商品が売れれば広告収入が入る仕組みです

 

アドセンスはgoogleが読者の検索履歴から

その人にマッチした広告を自動的にブログに張り付けて

その広告が見られたりクリックされると収入が入る仕組みです

 

正しくライティングの知識を身に着けて魅力的な記事がかけるようになると

文字単価○円とか、1記事〇円のようなWEBライターの仕事が頂けるようになる場合もあります。

 

”文章を書く”という行為自体は誰でもできる、だからこそ奥が深い

声さえ出せれば誰でもプロの歌手になれますか?そんなことはないですよね

同様に文字の読み書きができれば誰でもプロのライターになれますか?

もちろんそんなことはありません

 

しかし歌手はその人の声の質や出せる音域、感性などのセンスが重要ですが

ライターは伝わりやすい書き方ができているか?

などの練習で身につく技術が重要になります

 

まずは自分でブログを運営して練習をしつつ読まれる文章を書く技術を身に着けていきましょう


ブログで稼いでいる人に「おススメの本はありますか?」というと口をそろえておススメする名著です

設定はぶっ飛んでいるもののストーリー漫画と解説がいいバランスで書かれており、頭に残りやすいです


先ほどと同じシリーズのWEBマーケティングを勉強するための本です

ブログを運営する場合は記事の書き方だけでなく

どうやってアクセスが集まるサイトを作るかなどのブログ運営の知識も必要です

そのWEBマーケティングの基礎知識を習得するのにとても読みやすくてお勧めです

 

ブログを副業にするメリット

・自分が過去に書いた記事が勝手に集客してくれるので資産性がある

・どこでも仕事ができる、パソコンのスペックも最低限でOK

・非常に安価に始められる

 

ブログの特徴は動画編集やプログラミングと違い

自分の時間とスキルをお金に変えるわけではなく自分が作った記事がお金に変わります

 

ブログなどの記事は一度書いたらずっとインターネット上に存在するので

あなたが寝ている間も勝手にアクセスを集めて働いてくれます

 

基本的には文章を書くだけなので

今回紹介した3つの副業の中で最もパソコンのスペックが低くても問題ありません

2~3万円くらいで売っているノートパソコンでも十分仕事ができます

働く場所も仕事のペースも自分次第なので

インターネット環境さえあれば世界一周しながらでもお金を稼ぐことができます

 

僕は普段はデスクトップパソコンでブログを書いていますが、

気分転換でにリビングや外出先のカフェで仕事をするときには

Surface Goという約500gの2in1タブレットを使っています

タブレットとしても使用できますがブログを書くのならキーボードは絶対にあった方がいいです

キーボードを合わせても1kgを超えないので普段から持ち歩いていても邪魔にならないのでオススメです

 

ブログを副業にするデメリット

・稼げるようになるまでに時間がかかる

・動画に市場を持っていかれる可能性がある

今回の3つの副業の中で一番稼げるまでに時間がかかります

一番一般的な読者のアクセス方法はグーグルの検索でサイトを表示してもらってアクセスを集めるのですが

記事を書いてからグーグルに正しく評価してもらうまでに大体2~3ヶ月かかると言われています

つまり書いた記事から読者しっかりと入る仕組みになるまでに2~3ヶ月かかるのです

 

また、他の副業は納品が完了した時点でお金をもらえますが

ブログは記事を書いてからアクセスがあって、その後広告から収益化します

広告から商品が売れて収益が確定するまでに1ヶ月、振り込まれるのが2ヶ月後で

売れてからお金が入るまでに3ヶ月くらいかかると思っておくとちょうどいいです

 

もう一つのデメリットはブログなどの文字メディアが斜陽産業ということです

もちろん、今後文字メディアが絶滅するということは考えにくいですよ?

 

ただ5G回線の普及に伴って、

データ容量を気にしてブログやニュース記事などで情報収集をしていた人が

見るだけで受動的に情報が目に入る動画での情報収集に切り替える人が増えるはずです

その為ブログなどの文字情報のメディアは以前と比べると視聴数が減ることが想像できます

 

もちろん動画と文字のどちらにもメリット・デメリットはあるので

僕はyoutubeチャンネルの運営とブログの両方を行っています

 

まとめ

挑戦してみよう!!という副業はありましたか?

僕のおすすめは動画編集かプログラミングと並行してブログを始めることです

 

動画編集やプログラミングで学んだことのアウトプットの場としてブログ記事にすることで

学んだことを記憶しやすくなりますし、自分のスキルのアピールになるので仕事につながります

そのついでで集客・収益化ができれば一石二鳥です